スマホからもブログのコピーを防ぐ方法簡単な方法~WordPress Storkの場合

この記事を書いた人

もふもふ
もふもふしたものをこよなく愛しているブロガーです。物理屋、研究開発者、不動産投資家、コンサルタント、経営者、Youtuber。やりたいと思ったことを思いっきり全力でやっています。



 

ブログをコピーして真似する人々がいるのをご存知でしょうか?

コピーされたらメールで通知されるWordpressのPlug InでCCC(Check Copy Contents)というのがあり、ユーザーがどの単語をコピーして検索しているのか?などを知る目的で入れていました。

しかし、実際には記事をパクるコピーばかりでした。。

記事をパクる奴なんで、そんなにいないだろうと思っていたのですが…

僕が運営しているメインのサイトでは、日々コピーされていました。もともと、コピーされてもいいやくらいに思っていたのですが、、ある日、1日80回以上もコピペされ、コピーして記事書いて、コピーして記事書いて…という感覚で、明らかにコピーページを作っているくらいの感覚でコピーされ続けたのでした。その時間は10時間くらい。。しかもスマホから。

10分に1回くらいコピペの通知メールが来続けるんですよ。。講座のシリーズすべてを丸パクりに来ているのがわかりました。

ここまで頻繁にコピーされるようだと、対策を打たねば…とおもい、いろいろ調べた結果簡単に対策できる方法を見つけたので、シェアします。

この記事では、ブログのコピー対策について実際にどうやったのかをまとめました。

CCC(Copy Check Contents)を導入た理由と経緯

CCC(Copy Check Contents)というWordPressのPlugInがあります。

SEOの森を運営されている「おおきさん」がSEOに強い記事を育てるという方法で効果的な使い方を解説されていました。

これをみて、僕はすぐにCCCを入れてみたのでした。

ユーザーがどんな単語を疑問に思っているのかなぁ(*´ω`)

とおもっていましたが、ほぼ99%記事をパクるコピペの嵐!メールが来まくって、心が弱るくらいの勢いでした。。

あわせて読みたい:SEOの森のCCC紹介

 

WP-CopyProtect [Protect your blog posts]はスマホのコピペは対応できない

簡単な方法として、WordpressのPlugインのWP-CopyProtect [Protect your blog posts]を入れることでコピペ防止ができます。

しかし、これはパソコンからしか効果がないので、スマホでコピーしてくる人には効果がありません。

スマホでコピペを防ぐ方法を調べていた結果、CSSを編集することでスマホからもブロックができ、より簡単で便利でした!なので、CSSを編集することをお勧めします。

スマホからのコピペをCSSをいじることで防止できる

CSS…!?そんなのわからないよ。。。とあなたは思われたかもしれません。。

僕もCSSとかよくわからないのですが、ひよこのちらさんに教えていただき、何とか対策できました。

参考にしたのは、

稼ぐネット~サイトを守れ!初心者向けコピープロテクトのやり方

です!ほかのサイトは、サイト自体がコピペできなくなっており、ソースコードがコピペできないという問題がありました(笑)

稼ぐネットさんでは、ソースコードのところだけコピペできるように工夫されており、とても助かりました。

 

注意~ここから先は自己責任でお願いします。

はじめ、テンプレートのカスタマイズでStyle.cssにコピペしていたのですが、全く効果なくて悩んでいました。ちらさんにきいた結果、テンプレートの中のCSSに追加することで、動作したとことでした。

Storkで、追加CSSにソースコードを張り付けることで、パソコンでもスマホでもコピーできなくなりました。ありがたいことです。

ちなみに、ちらさんはAffinger4で、同様に追加CSSから登録できたのことでした。

Storkのカスタマイズの追加CSSに追加することで、コピーできなくなった

 

大事なブログをパクられないようにしよう

自分で作り上げた大切なブログの記事を、簡単にコピペしてパクられないようにしておきましょう。スクレイピング使われると、この対策でも防げないのですが、パソコンやスマホだけでもかなりのコピペを防止できると思います。

あなたが書いた大切な記事、しっかりと守っておくことは重要ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です