大学生の生活費の実態を女子大生が解説。生活に必要な仕送りはいくら?

こんにちは!女子大生のライター東です。

これから大学生として一人暮らしを始めようとしている皆さん、そして保護者の皆さん!

一人暮らしをする上で気になるのはやはりお金のこと。

生活費がどれくらいかかるのか、仕送りはどのくらいがいいのか、実際に生活し始めてみないとなかなか想像できません。

多すぎると家計の負担になってしまうし、少なすぎると学生がバイトに追われる生活になってしまいます。

私も大学生になり親元を離れて一人暮らしとなりましたが、「こんなところにお金がかかるの?」というような意外な出費があったりして、仕送り金額は親と相談しながら少しずつ調整していきました。

本記事では、そんな私の経験も踏まえながら、大学生の平均的な生活費や仕送り金額をご紹介します!

大学生の一人暮らしの生活費。実際はどこにお金がかかる?

生活において絶対に必要となるのが、家に関する費用です。家賃、光熱費、水道代などがこれに当たります。勿論多少の節約はできますが、基本的には削ることが出来ないものになります。一人暮らしの場合はどれも5000円以内に収まることがほとんどですが、季節や生活スタイルによって大きく変わってきます。

そして、大学生活を送る上での必要経費もあります。学費、部費、遠征費、教科書等の書籍代などがあり、人によっては留学費などを払うこともあります。学費は大学生の支出のほとんどを占めていて、奨学金でまかなっているケースも多いです。部費や遠征費はサークルに所属していると必ずと言っていいほど必要になってくる経費です。

最後に、その他のお金です。食費や、旅費・遊ぶお金などの趣味代、雑費がここにあたります。さらに、通信費や自動車免許の講習代などもあります。私の周りでは、この部分を自分で払っている学生が多い印象です。

では、逆に大学生の収入はどのようなものかというと、バイト代・仕送りという場合がほとんどです。

ちなみに、私が大学生活を送る中で一番予想外だった出費は、「就活費」でした。

大学生ならば就職活動をする時期がくると思いますが、移動費だけで学生には厳しい出費となりますし、就活の為のセミナーやインターンへの参加費がかかったり、就職試験の模試がある場合は受験代もかかります。

入学したばかりの時はあまり気にしない部分ですが、実際に就活時期が近づくとそれまでの生活費にそのような費用がプラスされるということを覚えておいてください。

大学生の仕送り額は大学によって違う!平均は?

仕送り金額は、学費などを含めて11万円、それらを除くと2~4万円という統計があります。しかしこれはあくまで全国の大学生の統計であり、実は通う大学によって異なると言われています。

仕送りには学費が含まれますから、学費の高さに比例して仕送り額も高くなります。国立大学より私立大学の学生の方が数万ほど高い傾向にあり、かつ寮生よりもアパートなどで下宿している学生の方が高い額の仕送りを受けています。

更に、物価の関係で地方の大学よりも都心の大学に通う大学生の方が生活費がかかるので、その分仕送り額も多いようです。

ちなみに私は私立大学、アパート暮らしで月に3万円の仕送りを受けています。

自分が通う大学の土地環境や物価などを考慮して仕送り額を決めなければ、不足が生じてしまう可能性があります。

そのような時に参考となるのが、各大学の生活実態調査です。

多くの四年制大学では、学生を対象に生活実態調査を行っており、結果をHPで公開しています。アルバイトをしている学生の割合や、収入状況、奨学金利用情報などが簡単にわかるので、生活費の内訳などもある程度把握することが出来、仕送りの検討にも役立ちます。もし入学を検討している大学があれば、一度調べてみるといいと思います!

大学生はどれくらいアルバイトをしている?

大学生の収入源の多くを占めているのがアルバイトです。生活の為にアルバイトを始めるという人も少なくないと思います。当然、学生の本分は学業です。アルバイトに費やせる時間は限られています。

大学生の7割がアルバイトをしているともいわれ、その平均就労時間は週に15時間。月収は4~5万円という学生が多いです。

大学生がバイトをする理由として、「社会経験」「遊ぶお金を稼ぐ」という人もいますが、「バイトしなければ生活できない」という切迫した理由で働いている学生も一定数います。アルバイトはそれだけ大学生にとって重要な収入源です。

ある調査によれば、文系大学生の方が理系大学生よりもバイト時間が長く、より多くのバイト代を稼いでいるそうです。これは、研究など、理系大学の方が学校に費やす時間が長いためと考えられます。

私は文系の大学生ですが、5時間のアルバイトを1週間に4日間やっていた時期がありました。月の収入は5万円ほどで、おおよそ全国の大学生の平均です。

なかにはアルバイトを掛け持ちしてもっと多くの収入を得ていたり、逆に忙しくてアルバイトをしたくてもできないという人がいました。同じ大学内でもそれだけ差があるわけですから、入学前から「アルバイトで大体これくらい稼げる」というのはあくまで目安であって、授業や研究次第ではアルバイト自体が出来ない可能性もあることを視野に入れておきましょう。

お金を自分で管理することの管理の大切さ

大学生になり、アルバイトをして収入を得るようになると、それによってできることが増えてついお金の管理も甘くなりがちです。趣味代に使うお金が増えて、仕送り額が高くなってしまえば本末転倒になってしまいます。

収入と支出をしっかり記録してお金の流れを把握することが大切ですが、慣れないとなかなか難しいかもしれません。こまめに記帳することを心掛けたり、家計簿アプリを利用してみたりすると簡単にお金の管理が出来ます。

私はいつも使っている手帳にバイト代と使ったお金を逐一書き込んでいたほか、バイト代が振り込まれる口座と仕送りが振り込まれる口座を分けて、仕送りの方は完全に親に管理を任せていました。自分一人での管理に自信がないという方は、使いすぎたら声をかけてもらうなど保護者に協力してもらってもいいと思います!

お金管理のコツ
  • 家計簿アプリを使う
  • 手帳にバイト代と使ったお金を書き込む
  • 目的ごとに口座を分けて管理する
  • 保護者に協力してもらって、一緒に管理する体制を作る

また、一人暮らしをしていると予想外の支出もあります。例えば、急なけがや病気で入院に行かなければいけなくなった場合などです。貯金をしていても、足りなかったり、タイミング悪く手元にお金がないとなると非常に困ります。

これは私のやり方ですが、仕送りとは別に、いつでも自由に使えるお金を常に3万円ほど口座に入れておいてもらい、病院などのトラブルの際に使用していました。どうしてもお金がない時に使って、後日また使った分を入れてもらう、というやり方をしていたので、急な支出に対応できなかったということはありませんでした。親元を離れていると何かあってもすぐに会えるわけではないので、このような対策をしておくと少し余裕のある生活ができます。

毎月の生活費を節約する為に行った、私の工夫

少しでも生活費を節約したい時、どのような工夫をしていけばいいのでしょうか。

①自炊をする

食費の全国平均はおよそ2万から2万5千円ですが、毎日お弁当を買ったりしているともっと高くなります。

一人暮らしは外食をしてしまいがちですが、お金のことを考えるとやはり自炊の方がコスパがいいです。大学の傍にはコンビニがあることも多いので、つい立ち寄ってご飯を買ってしまいますが、なるべく自分で作るようにしましょう。最近はネットで調べると簡単に作れる料理のレシピもたくさん紹介されていますし、お弁当作りに役立つグッズも増えているので、大学入学は料理を始めるいいタイミングだと思います。

また、外食よりも学食を利用した方が食費が安くなるので、料理が苦手な方は学食も活用していきましょう!

②学割

外出先や買い物など、あらゆるところで学割が使えます。大学生はこれを有効に活用しましょう。通信費やコンタクトレンズの購入、引っ越しでも学割サービスをしてくれる場合があります。出かけるときは学生証を忘れずに携帯しましょう!

③節電

使っていないコンセントを抜く、電気をつけっぱなしにしない……簡単そうで意外と意識しなければできない節電ですが、慣れてしまえば毎日できる節約術です。私も最初はコンセントを抜き忘れたりしていましたが、今では手癖で抜くようになりました。細かいことですが、続けることで生活費を抑えることが出来ます。

④友達と協力

一人で暮らすより、シェアハウスの方が家賃が安くなります。それは流石に無理!という方も、友達とだからできる節約があるのをご存知でしょうか?

例えば、大学生は飲み会をする機会も増えますが、毎回お店に集まるのは結構な出費になります。家で集まったほうが安く済むのです。他にも、その時しか使わない調理器具や参考書などを貸し借りするなど、上手く協力して余計な出費を減らすことが出来ます。

大学生の生活費の実態のまとめ

大学生になると、やりたいこともできることも増えますが、自分で稼げるお金はやはり限りがあり、親からの仕送りが大切な収入です。

ここでは全国的な平均額を紹介しましたが、生活スタイルは学生によって異なりますし、生活を始めてから気付く出費もあります。

ですから、「アルバイトもしているし、寮暮らしだからこのくらいで足りるはず」などと、どちらが一方が決めるのではなく、親と学生でよく話し合って仕送り額を決める方がいいと思います。

親にあまり負担をかけるのが嫌という学生は、アルバイトをして少しでも生活費の足しにするほか、本記事にあるような節約をしてみてください。

仕送り額は個人差が大きくある、ということを念頭に置いて、どのくらいが適切かを決めましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です