過去の急激な円高を調査!円高ランキング!どれくらいの変動があるか?2015年~2019年

この記事を書いた人

もふもふ
もふもふしたものをこよなく愛しているブロガーです。物理屋、研究開発者、不動産投資家、コンサルタント、経営者、Youtuber。やりたいと思ったことを思いっきり全力でやっています。

2019年1月3日の円高はすごかったですね。。(2019年1月3日の円高の紹介記事を参照)

このとき、年に1~2回くらいあるとYoutubeで解説したのですが、「そんなにない」というコメントを何人かからもらいました。

気になったので、調査した結果、年に1~2回くらいは起こっているので注意が必要そうです。

人々の記憶はあいまいなので、すぐに忘れされられてしまうのでしょうね。。

過去の急激な円高を調査!円高ランキング!

マネースクエアさんのサイトからドル円のcsvファイルをダウンロードし、過去の円高を調べてました。

結果、普通にちょいちょい起こっているという印象でした。特に、2015年以降に絞ってみても今回の件を含めて5回あるので、年に1回くらいのペースで発生していると思ってよさそうです。

過去の円高の1日の変動金額を調査。2019年1月3日の円高は、2007年以降9番目。

 

第5位 2016年4月28日 日銀金融緩和見送り

日銀が金融緩和をすると思われていたのに、見送ったことから一気に円高に行きました。

 

3位 2016年11月9日 トランプショック

ヒラリーさんが優勢とみられていたアメリカの大統領選挙で、トランプ氏が優勢とのニュースが流れて一気に円高に振れた。日経平均も1000円以上急落したが、その後急回復。波乱の一日だった。

トランプショックの時のドル円チャート。かなりの波乱

美木茉利FXで100億円さんのサイトより引用

 

2位 2015年8月24日 チャイナショック

いたるところでチャイナショックが起こっているので、どのチャイナショックかわからないレベルになってしまったが、この日の急激な円高もチャイナショックといわれている。

2015年8月24日のチャイナショックの時のドル円チャート

FX Worksさんより引用

 

1位 2016年6月24日 Brexit

英国がEUを率するというニュースが伝わり、一気に円高に振れました。106.96円から98.76円と7.93円も高騰しています。

ポンドが急落し、かなりの経済混乱が起きました。

Brexitの時のドル円チャート。一気に円高になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です