Googleのアップデートで検索結果が飛ばされないようにするには?

 

この記事を書いた人

もふもふ
もふもふしたものをこよなく愛しているブロガーです。物理屋、研究開発者、不動産投資家、コンサルタント、経営者、Youtuber。やりたいと思ったことを思いっきり全力でやっています。

 

ブロガーのもふです。不動産投資のブログ、このサイトの記事など、様々な記事を書き続けています。ブログのアクセス数を増やすために重要なこととして、SEO対策があります。検索エンジンに表示されやすいように、ブログの記事を検索エンジンに最適化するのです。

SEO対策を頑張って、Google検索などで自分のページにたくさん人が訪れてくれるようになったとき、一番怖いのは検索エンジンのアルゴリズムの変動があります。

Googleは定期的に検索エンジンの検索方法を変更しており、大幅なアップデートで自分のサイトが検索エンジンに表示されなくなる可能性もあります。もしそうなってしまったら、アクセス数が激減してしまいます。

この記事では、SEO対策されて検索エンジンで上位を取っているとき、Googleの検索エンジンアップデートでランク外に飛ばされないようにするためにはどうしたらいいかを分析しています。

GoogleがE-A-Tを重視するようになった

2018年8月のアップデートで、お金や健康など人生に大きく影響を与える内容について、GoogleはE-T-Aを重視するようになったといわれています。E-T-Aとは、

E-T-Aとは
  • 専門性(Expertise)
  • 権威性(Authoritativeness)
  • 信頼性(Trustworthness)

これらの頭文字をとってE-A-Tと呼んでいます。

E-A-Tについては、おおきさんのSEOの森でわかりやすく解説されています。

このアップデートで、不動産投資のブログでもGoogleはE-A-Tを重視していると推測されます。しかし、僕のページは2018年8月以降も検索順位は大きく変わらず、何事もなかったかのようになっています。

一方で、秋大さんは、かなり影響を受けてアクセスが1/3になられたとのことです。

 

貴重な情報…。 同じ不動産ジャンルなので、勉強になりますね。 僕は実務経験なく、宅建も持ってない、70記事にもかかわらず、ドメインパワー上書し続けてる事から、口コミや被リンクやSNSなどを参考にしていると思われます。。

かなり重要な情報(´ω`) 不動産とか競合が強いジャンルは4分以上を目指すと良さそうですね 僕はサイトの平均ページ滞在時間が4分弱でした。この辺が効いてそうですねぇ。。

 

Google検索エンジンのアップデートで飛ばされないブログを作るためには

秋大さんとのやり取りで分かったこととしては、

茂風のサイトの特徴
  • もふのサイトは8月のアップデートで飛ばされていない
  • 70記事前後
  • 不動産実務や、宅建の資格を保有していない
  • サイトの平均記事滞在時間が4分弱
  • 個人でブランディング。Twitter,Youtubeを活用

 

秋大さんのサイトの特徴
  • 秋大さんのサイトは8月で1/3にアクセス減少
  • 270記事だけど記事数は関係なさそう
  • 不動産実務と宅建の資格を保有
  • 平均記事滞在時間が4分以下の記事の検索が飛んだ
  • 被リンクが得られにくい構造

これらの結果を見ると、被リンクをたくさん得られ、個人をブランディングして、平均滞在時間が長い記事(読者が読んでくれる記事)を充実されることで、Googleの検索エンジンアップデートで記事が飛びにくいブログになりそうです。

この結果が正しいのかどうか、引き続き調査していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です