京都のおすすめ御朱印帳5選!御朱印好き女子大生がリサーチ!

この記事を書いた人

Azu
北海道の女子大生ライター。ライターになる夢があり、大学2年生でクラウドワークスでライターを開始。数々のライティングをこなす。

近年、「御朱印集め」がブームとなっています。

御朱印はもともと、寺院が写経奉納の証に出す証書のことを指していましたが、現在では参拝の証のような扱いになっています。

色々な神社をめぐって、自分の御朱印帳に御朱印を集めていくのは、達成感もあり、よりご利益を得られる気もして、とても楽しいですよ♪

そして、御朱印を集めるには「御朱印帳」がなければ始まりません。

まずはお気に入りの御朱印帳を見つけてみましょう!

集めたくなる!魅力的な御朱印

(京都中京区 大福寺の御朱印)

基本的には、神社名やその神社の神様の名前を朱で押印してもらい、そこに手書きで日付けを書き入れてもらうというものですが、その神社によってイラストが入っていたり、全てが手書きだったりとオリジナリティのある御朱印が増えてきています。

そして、御朱印だけではなく、その神社にしかない御朱印帳というのもあります。

全国各地の神社に個性的な御朱印がありますが、今回は京都の神社の中で、ぜひ貰いたい御朱印と、その神社にしかない御朱印帳を合わせて紹介します!

「神社には詳しくない」「御朱印集めは何処から始めるべき?」という人も、これを参考にしてみてくださいね!

伏見稲荷大社

伏見稲荷 御朱印-さんのサイトより。素敵な御朱印がたくさん紹介されていておすすめです(*’ω’*)

 

京都市伏見区にある神社です。

稲荷神社と言えば狐を祀っている神社ですが、各地にある稲荷神社の総本山的存在です。

五穀豊穣、商売繁昌、家内安全、諸願成就の神ということで、人々の生活に深く関わりのある神社です。

もっとも有名な神社の一つなので、御朱印を集めるのなら外せません。

期間限定のものを含めて5種類の御朱印をいただけますが、いずれも初穂料(値段)は300円です。

本殿と、その付近の奉拝所・神社でもらうことができ、4月末~5月頭にかけて行われる「稲荷祭」の時期に限定の御朱印がもらえます。

御朱印帳は800円で販売されています。

歴史があり、長く人々に親しまれてきた神社ですから、ぜひ御朱印と合わせて購入し、5種類すべてを集めてみてください!

乃木神社

destiny 癒しの御朱印巡り-さんのサイトより。素敵な御朱印がたくさん紹介されていておすすめです(*’ω’*)

 

京都市伏見区にある神社です。公式サイト。日露戦争で活躍した将軍・乃木希典を祀っています。

こちらの神社では、通常の御朱印に加え、季節限定でカラフルな御朱印をいただけるのが特徴です。

4月には桜、5月には鯉のぼり、七夕には笹の葉と織姫・彦星、というように毎月可愛らしいイラストが御朱印に添えられます。

使われている色も、緑やピンク、青と非常に多彩です。

毎月通って季節限定のものを集めたくなってしまいますね♪

乃木神社の御朱印帳は、御朱印と同じくとてもかわいいデザインです。

2018年10月から販売が始まった新作で、栗のデザインが印象的ですよね!

乃木神社には「全てに勝ちま栗」という、勝利のご利益がある祠があり、そこから御朱印帳も栗のデザインになったのだと思いますが、何ともユーモラスです。

京都大神宮

京都市下京区にある神社です。公式サイト

昔、交通手段などがなくお伊勢参りができない人の為に、各地に代わりに建てられたのが始まりと言われています。

こちらの神社、巫女さんの萌えキャラを作り、グッズなどを売り出していることで有名です。可愛らしい巫女さんのキーホルダーやシールなどを購入できます。

御朱印をいただくと、その巫女さんのキャラクターのスタンプも押してもらうことができるのです。

巫女さんのスタンプは、顔をアップにしたものと若干引いたものの2種類があり、どちらかを選べます(押さないこともできます)。

なかなか他の神社では見ない斬新な御朱印です。

そして、御朱印帳にももちろん巫女さんのキャラクターが描かれています。

一見、御朱印帳ではなくアニメのグッズにも見えますが、しっかりとしたオリジナルの御朱印帳です。

とても特徴的で可愛く、ファンも多いそうです!

泰勝寺

destiny 癒しの御朱印巡り-さんより。素敵な御朱印がたくさん紹介されていておすすめです(*’ω’*)

 

八幡市八幡平谷にある神社です。

釈迦如来をご本尊として祀っています。

こちらの御朱印の特徴は「4枚つづり」ということです。

4種類の御朱印をもらうことができ、全てデザインが異なります。

「ツキを呼び込む」という意味の三日月、「厄除け」の意味の朱円、「福を招く」という意味の瓢箪、「丸く収める」という意味の金円、4種類を集めるとご利益があるそうです。

御朱印帳の表紙は、ご住職様が描かれています。

落ち着いた色合いに手書きの味のあるイラストが特徴です。

神社の名前は入っていないようですが、もし初めて御朱印を貰いにいくのが泰勝寺なら、これを自分の御朱印帳にすると思い出になりますよ♪

宝蔵寺

京都市中央区にある神社です。

阿弥陀如来をご本尊として祀っています。

変わったデザインの御朱印が欲しい!という方にお勧めの神社です。

宝蔵寺の御朱印はインパクトのある「ドクロ」がデザインされています。これは、この神社にゆかりがある伊藤若冲という絵師の人気作「髑髏図」にちなんだものです。

白時に黒の御朱印は迫力があり格好いいですが、季節により出る限定色もカラフルで可愛く、御朱印帳に集めたくなります。

ローズ、かぼちゃ、うぐいす色など様々な色があり、デザインも数量限定で書いていただけるものがあるようです。

更に、宝蔵寺では2種類の御朱印帳を販売しています。

色合いやデザインは異なりますが、どちらにもしっかりドクロが入っていますね!

冊数は限定ですので、手に入らない場合もありますが、もし購入出来たらこの御朱印帳にカラフルなドクロの御朱印を押印してもらいましょう!

京都のおすすめ御朱印帳まとめ

最近では、「御朱印ガール」という言葉ができるほど、若い女性を中心にブームが広がっており、御朱印集めが気になっている人も多いのではないでしょうか。

今回紹介した御朱印はほんの一部で、京都だけでもまだまだ素敵な御朱印はたくさんあります。色やデザイン、文字など、その神社によって個性があり、お祭りや季節によって限定のものが出ることもあるので、御朱印帳に集めていくのは本当に楽しいです。

あまりに多すぎてどこがいいか選べない!記事で紹介されている以外の神社も気になる!という方は、本などを参考に行きたい神社を選んでみるのもいいと思います(リンク:「御朱印 本 おすすめ」)

ですが、あくまで御朱印は神社にお詣りに行った証としていただくものなので、集めることだけに夢中にならずに、しっかりとお詣りをしてから、「ここの神様に会いに来ました」という気持ちで押印してもらうのが大切です。

ただ神社に行くだけではなく、その神社にはどんな神様がいらっしゃるのか、どんなご利益があるのか、などを知るとより御朱印集めが楽しくなりますよ♪

そうしていただいた御朱印は、大切に保管するようにしましょう。御朱印集めブームに乗って、今では御朱印帳の為のカバーなども売られています。(リンク:「御朱印帳 カバー」)

京都まで足を運ばずとも、神社は各地にあるので、やりたいと思ったらすぐに始められるのが御朱印集めの魅力の一つです。

みなさんも御朱印集めをはじめてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です