「幸せなはずなのに辛い人」と「辛いのに幸せな人」の違いとは?

ライターのmakkengoです。

さっそくですが幸せっていったいなんですか?

辛いっていったいなんですか?

今回のテーマはこれからの皆様の人生において本当に大切なことのように感じます。私自身、様々な環境の変化や仕事での悩みに耐えきれなくなり心が病んでしまった事がありました。

何もかもが辛いと感じていましたが、自分にとっての「幸せってなんだろう」と考え始めてから、物事の捉え方が大きく変わり辛いと感じることが確実に減りました。

今回は、一人でも多くの方に幸せを感じて生活をして頂きたいという想いでご紹介させて頂きます。

幸せなのに辛い、辛いのに幸せな人の違い

幸せなのに辛い人:自分の幸せが明確になっていない人

辛いけど幸せな人:自分の幸せが明確になっている人

自分自身の幸せを明確にできないと、周りから見て十分に幸せな人生を送れていたとしても本人は不幸に感じてしまうと思いますし、逆に周りから見てつらそうに見えたとしても、自分自身の幸せがわかって入ればとても幸せに生活することができます。

この記事を読んでいただき、幸せな人が一人でも多く増えてくれることを願っています。

幸せに対する固定概念

冒頭でもご質問させて頂きましたが、幸せっていったいなんですか?この質問に即答できる方は本当に素敵な人生を送られているのだと思います。

ここでお伝えしたい固定概念とは、例えば今まで不自由なく生活してきて結婚して子宝にも恵まれて仕事も順調な人がいるとします。まわりはそんな人を見て「幸せでいいなぁ」って思ったりしますよね?まさにこれは幸せに対する固定概念ではないでしょうか。

この場合幸せを決めつけているのは他人であって、その生活を送っている本人ではないですよね。

どんな生活を送っていようがあくまで幸せかどうかは本人にしかわからないものです。幸せの感じ方は100人いたら100通りの感じ方があるので、そもそも幸せは他人が決められることではなければ、比較できるものでもないのです。

どんな時に辛いと感じる?

幸せは本人にしかわからない事と、比較できるものではない事をお伝えしましたが、今度は視点を変えて皆さまがどんなときに辛いと感じるのかを振り返ってみてください。

「辛い」にも様々な種類があるかと思いますが、本来、辛いといえば「逃げ出したい」や「辞めたい」などの感情と一緒に襲ってくることがほとんどですよね?

今回のテーマにもあるように「幸せなはずなのに辛い」と感じる方は実は幸せではないと思うんです。私自身がそうなのですが、辛いと感じる時は、ほとんどがまわりと自分の状況を比較してしまっているのです。

幸せなはずなのにというのは、世間一般的に見れば幸せなはずなのにということではないでしょうか?辛いというのは自分自身の理想、考え方、想いといまあなたが置かれている環境にギャップがあるから辛いと感じるのではないでしょうか?

自分のやりたいことはできていますか?無意識に他人の生活と自分の生活を比較していませんか?特に他人と比較をしはじめてしまうと表面上の幸せしか手に入りません。その幸せはすぐに崩れるだろうし、また「辛い」を引き寄せてしまうかもしれません。

自分の幸せが何なのかを理解している方は、不思議と辛いと感じることが少なくなると言われています。この機会にあらためて自分の幸せが何なのかを考えて、一つでも多くの事を幸せと感じられるようになりましょう。

自分の幸せがなにか考えよう

ここまで「幸せ」と「辛い」についてお伝えしてきましたが、結局なにが大切なのかと言いますと、自分が幸せと感じることを自分自身が理解して受け入れてあげることが大切です。

そのときは、決してまわりとの比較をしてはいけません。お伝えしたように、幸せかどうかは本人にしかわかりませんし、比較できるものではありませんから。

私の場合は、まわりの意見は気にしない、自由に、楽しく生きる、楽しくなければ幸せじゃない、これが私の幸せの定義です。そしてこの定義を受け入れてからが始まりであり、辛いと感じることが減っていく瞬間でした。

思い返せば、その幸せを求め続けるようになったからこそ、辛いことを辛いと感じなくなったのだと思いますし、自分を他人と比較することもかなり少なくなったのだと思います。あなたの幸せはいったいどんなものでしょうか。子供の頃から最近の思い出までを振り返ってみて、幸せだと感じたことを紙に書き出してみましょう。あなたの心を満たすヒントが見つかるかもしれません。

「幸せなはずなのに辛い人」と「辛いのに幸せな人」の違い

それでは、私が今回お伝えしたいテーマをまとめると、

幸せなのに辛い、辛いのに幸せな人の違い

幸せなのに辛い人:自分の幸せが明確になっていない人

辛いけど幸せな人:自分の幸せが明確になっている人

こんな少しの違いで辛い人になるのか、幸せな人になるのかが変わってしまうのです。

あなたの考え方を少し変えるだけで、目の前に広がる景色はどんどん変わっていきますので、ぜひ試して頂き、一人でも多くの方が、より多くの幸せを感じて過ごしていけることを願っています。

最後にもう一度これだけお伝えをして以上とさせていただきます。

「あなたの幸せはあなたにしかわかりません。」

「幸せは他人と比較できるものではありません。」

「あなたが幸せと感じることを追い求めましょう。」

最後までお付き合いいただき誠にありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です