神社には格式がある?格式高い神社について説明

神社といえば、明治神宮のような有名な場所を想像する人が多いと思います。

しかし、全国には、大きくて立派なものから、あまり人に知られていない小さなものまでさまざまな神社があります。

どの神社も、神様が祀られており、その地域や人々を守ってくれるという点では共通していますが、実は神社によって格式(ランク)が定められています。

神社の格式の種類とは

神社の格式のことを「社格」といいます。

社格、つまり神社の階級については、時代によって何度か変化しています。

①上古社格制度

明らかにされている時点で最も古い社格制度です。

古事記や日本書紀といった文書が編纂される前の時代ですので、かなり昔の制度です。

天津神をまつる「天津社」と、国津神をまつる「国津社」の二つに分けられます。

②古代社格制度

7世紀後半から10世紀ごろの、律令国家時代の制度です。

このころ、延喜式神名帳というものが作られました。

これは、全国の神社の一覧のようなものですが、すべての神社が掲載されていたわけではありませんでした。

神名帳に記載されていて、国家からも保護を受けていた神社が「式内社」、この時代のもっとも社格の高い神社でした。

次いで、神名帳には記載されていないが国家の保護を受けていた「式外社」、記載もなく特別な保護も受けていないが、国から奉幣を受けた「官幣社」、地方の行政官から奉幣を受けた「国幣社」などがありました。

このほか、六国史という歴史書に記載された神社を「国司見在社」といいました。

③中世社格制度

平安時代から明治時代の前までの時代の制度です。

最も力のある神社を「一宮」、次いで、「二宮」「三宮」とよばれました。

このほかに、朝廷の特別な待遇を受けた二十二の神社を「二十二社」と呼び、災害時や国の重大事に国から奉幣を受けました。

「国司奉幣社」は、国内神名帳に記載のある神社です。

国内神名帳とは、神社に祀られている神様の名前と階級を記したものです。

④近代社格制度

明治時代から太平洋戦争頃までの制度です。

天皇に関わる特別な神様をまつる神社は「神宮」と呼ばれ、最も高い位とされました。

逆に、公の資格を持たない「無格社」は最も低い位置の神社とされました。

このほか、国家が祭祀を行う「官国幣社」や、祭祀の時に天皇から遣いが送られる「勅祭社」などがありました。

「東京十社」は、昭和50年に定められた東京近郊の10の神社のことで、「内務大臣指定護国神社」は昭和14年に内務大臣が指定した34の神社のことです。

それ以外の神社は諸社、もしくは民社と呼ばれました。

⑤現代の社格制度

現代において社格制度というものは存在しません。

しかし、「一宮」や「神宮」など、過去の社格制度で用いられていた名称が今も使われていることは多々あります。

また、近代社格制度を「旧社格」などと呼び、現在における社格の目安にする場合もあります。

社格の高い神社はどこ?

現在社格というものはありませんが、昔から変わらず国や天皇と深いつながりのある神社は、現在も大規模な建物であったり、特別な祭祀が行われています。

神社にあまり詳しくない人でも耳にしたことがあるような神社や、観光スポットとして人気のある神社などがそれにあたると思ってください。

伊勢神宮

三重県伊勢市にある神社です。

正式名称は「神宮」ですが、他と区別するために地名が頭につけられたり、「お伊勢さん」などと呼ばれます。

皇室の祖先といわれる「天照大御神」が祭られており、国内でも非常に知名度の高い神社です。

出雲大社

島根県出雲市にある神社です。

国ができた時から国土を治めていたとされる国津神たちの代表の神、「大国主神」を祭神としてまつっています。

天照大御神の対の神ともいわれる神様なので、やはり伊勢神宮と並んで国の重要な神社といえます。

靖国神社

東京都千代田区にある神社です。

この神社は、神話に出てくるような神様ではなく、戦争で戦った軍人らと「英霊」としてまつっています。

桜の名所としても知られていて、都内では明治神宮に次いで広い神社です。

明治神宮

東京都渋谷区にある神社です。

明治天皇と昭憲皇皇太后を祭神とします。

22万坪という広い神域をもち、お正月の三が日では310万人を超える参拝客が訪れます。

この参拝者数は日本一です。

神社の格式のまとめ

神社の社格については、時代の変遷とともに変化しています。

社格が撤廃された現在でも、特別な祭祀が行われるような大きな神社は存在しますが、一概に「この神社が偉い!」というのを表すものではありません。

どんな神社にも必ず神様が祀られていて、信仰心を持ってお詣りをすればどの神社でもきっとご利益を得られるはずです。

旅行などをするとつい有名な神社に行ってみたくなりますが、大きな神社だけではなく、隠れ家的な、あまり知られていない神社を見つけてお詣りするのも楽しいですよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です