神社の参拝時間はいつが最適?夜の参拝はダメなのかなどをわかりやすく解説

この記事を書いた人

Azu
北海道の女子大生ライター。ライターになる夢があり、大学2年生でクラウドワークスでライターを開始。数々のライティングをこなす。

神社への参拝に関してはいくつか作法やルールがありますが、参拝時間に関しても縁起の良い時間帯・悪い時間帯があるのをご存知でしょうか?

厳密に決められているわけではありませんが、実は時間帯によってよりご利益が得られるとされている時間や、逆にあまり参拝にはおすすめできない時間があります。

本記事ではそうした神社の参拝時間について理由を添えて解説します!

神社の参拝時間はいつがいいのか

神社へ行くのに最も適しているのは午前中と言われています。

日が出ている時間帯は陽の気(良い空気)が満ちていて、神様の力が働きやすいのだそうです。

ですから、天気についても晴れの日の方が参拝に向いています。

太陽の出ている時間は、自らの気持ちも晴れ、願いがより神様に届きやすく、御利益があります。

特に早朝の参拝は人も少なく、神社内も静かなのでより良い状態で祈ることが出来、最もおすすめの時間です。

逆に、夕方や夜の参拝は禁止ではありませんがあまり良くないともいわれます。

理由としては、太陽が出ていないため空気がよどんでいる、または、陰の気(良くない空気)が満ちているため、とも、神様が休んでいるため願いが聞き届けられないから、ともされています。

「夜は神様の時間帯であるため、人間が神社内に立ち入ってはいけない」という言い伝えもありますが、実際に夜になったからと言って立ち入ることが出来なくなる神社は少なく、夜でも開放されていることが多いです。

ちなみに、良くない時間帯と言われている夕方から夜の中でも神社の参拝に不向きなのが午後5時から7時です。

いわゆる「逢魔が時(おうまがとき)」で、昼と夜が移り変わる時間帯、夕方のことを指します。

「大禍時」と書くこともあり、字からわかる通り、「魔物に逢いやすい時間」「災いが起こりやすい時間」などといわれ、不吉な時間帯とされることが多いです。

この時間帯の神社の参拝は、日が出てない時間帯の中でも特に避けた方がいい時間です。

夜の神社参拝の注意点

神社の参拝に良いとされているのは昼間ですが、夜暗くなってからの参拝も可能です。

しかし、昼間とは違いいくつか注意点があります。

灯りがないので注意が必要

大規模な神社だと夜の間も灯りを灯していることがありますが、小さな神社などは夜の参拝者を想定していません。

そのため、真っ暗の中での参拝ということになります。

陰の気がこもっている、というだけで霊的になにか悪影響があるわけではない夜の参拝ですが、純粋に足元などが見えにくく、石段があったり足元が整備されていなかったりする神社は怪我の恐れがあるので参拝の際は気を付けてください。

社務所が閉まっている

神社自体は開放されていても、社務所は大体夕方ごろには締まってしまい、神社の関係者もその時間帯にはいなくなってしまいます。

そのため、おみくじや絵馬、お守りを購入したり、御朱印を貰ったり、何かお祓いをしてもらうことが出来なくなります。

そうしたサービスを希望する場合は、確実に人のいる昼間に行くようにしてください。

神社自体が閉まっている

神社によっては、早ければ日没後、遅くても日付が変わる前にはしまってしまうというところがあります。

門が閉まったり、チェーンなどで入れなくなってしまうところや、門は開いていても夜は入らないようにという注意書きがされているところ、境内には入れるものの、本殿(お詣りをする場所)以外はすべて閉じられているところなど様々です。

例えば、明治神宮では日の出とともに開門、日の入りと共に閉門なので、大体17~18時の間には閉まってしまいます。

折角行ったのに神社に入れなかった…となってしまうのは残念なので、どうしても夜の参拝になってしまう場合は事前に閉門されるのかどうかを調べてから行くのが良いと思います。

神社の参拝時間が夜でもいい日がある

夜の神社は、スピリチュアル的な意味でも、閉門の関係でもあまり参拝に向かないのですが、1年の中には夜中の参拝が良いとされる日もいくつかあります。

①初詣

12月31日から1月1日にかけては、日の出・日の入りに関わらず完全に開放されている神社がほとんどです。

提灯などの灯りも灯っていますし、初詣に来た参拝客の為に雑煮や甘酒などが振る舞われることもあります。

年越しの瞬間を神社で過ごすというのも悪くないかもしれませんね♪

②結婚式

「かがり火挙式」をご存知でしょうか?

夕方、暗くなってから神社で行われる結婚式で、近年少しずつ人気を集めてきています。

参拝とはまた違うのですが、この結婚式は「かがり火」という神社などで使われる松明と鉄製の容器を組み合わせたようなものの灯りの中で行われる幻想的な式です。

炎には神様が宿る、神様を呼ぶ力がある、などといわれ、とても神聖で厳かな雰囲気の中で行われるかがり火結婚式は、教会式や人前式とはまた違う魅力があります。

③お百度参り

神様に、100回お詣りすることで願いをかなえてもらおうとする祈願方法の一つです。

回数を重ねることで、願い事に対する思いが強くなり、雑念が無くなると言われています。

このお百度参りは、あまり人に見られない方が効果があるとする説があるため、明け方や夜中の参拝が良いとされています。

神社の参拝時間のまとめ

神社の参拝時間として、最も良いのは太陽が出ている時間帯、最も避けた方がいいのは午後5時から7時です。

しかしこれは通説の一つであり、明確に決められたルールではなく、行事によっては真夜中の参拝でもよいと言われることもあります。

最近は、おみくじの自動販売機が設置されたり、御朱印がいつでも持っていけるように置いてあったりするなど、社務所があいていない時間帯の参拝者に向けてサービスを変化させている神社もあります。

時間は厳密に守らなければいけないものではなく、あくまで神様を信仰する心、参拝しようとする気持ちが一番大切です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です