「頭のもやもや」の原因はいったい!?考えられる2つの候補と解決策の解説

みなさんは「頭がもやもやしてスッキリしないなぁ」と感じるときはありますか?ここ最近ではそのように感じている方が増えてきているそうなのですが、なぜもやもやするのかを考えてみても自分ではよくわからず、結局そのままにしてしまっているなんて事もあるかと思います。

もし、いま「確かにもやもやする時あるなぁ」とか「もやもやしているけど、そのままにしちゃっている」と思われた方は注意してください。

場合によっては命に関わるほどの病気である恐れがありますし、一方では、うつ病になってしまう可能性もあるのです。そこで、どうか少しでもみなさんに健康で幸せに暮らしてほしいという気持ちを込めてご紹介したいと思います。

「もやもや病」と「脳疲労」とは?

もやもや病(ウィリス動脈輪閉塞症)の症状とその可能性について

もやもや病とは、脳に血液を運ぶ血管が少しずつ詰まってしまい、脳が血液不足の状態に陥ることで、出血をしてしまう病気です。

この病気はアジア圏に多く、日本は最も発症患者数が多いのです。

ちなみに歌手の徳永英明さんもその一人あり、発症患者数は日本国内に約3900人いると言われています。この数が多いのか少ないのか別として、今後も患者が増えることが予想され、最悪の場合脳梗塞を発症してしまう恐れがあるのです。

現在でも難病と言われており、原因はまだわかっていないようですが言語障害や意識障害、頭痛、手足の脱力などの症状が出てくるようです。さらにここで注意すべき点は、もやもや病は動脈硬化のように年齢を重ねるにつれておこるわけではなく、子供や若い世代でも発症してしまうという点です。

指定難病になっており、とても重い病気です。(難病情報センター モヤモヤ病)

脳疲労の原因と症状

まず脳疲労とはある状態を表しており、それはあなたがなにかを判断をする際に必要な神経伝達機能と集中する際に必要な神経伝達機能が低下し、普段の生活や仕事に支障をきたす状態のことを言います。

わかりやすく言えばうつ病の一歩手前の状態ということであり、放っておくと高い確率でうつ病を発症してしまいます。ただでさえIT化が急速化し脳への負担が増していくこのご時世、そこに人間関係、仕事、家庭などさまざまなストレスが重なれば、脳は悲鳴をあげてしまうのです。

強いストレスが積み重なっていくと脳内に活性酸素が発生し、その時に「疲れた」というシグナルを身体に発信するのです。さらに、この疲労がさらに蓄積されていき脳の老化を引き起こし、糖尿病、脳卒中、心筋梗塞さらには認知症につながる可能性があるのです。こちらでの注意すべき点は、脳疲労を引き起こすストレスは本人でも気付かないうちに蓄積されていく点です。

それぞれの症状をチェックしよう

もやもや病の可能性がある方の主な症状はこちらです。

モヤモヤ病の症状
  • 手足が動かしにくい時がある
  • 顔がしびれたことがある
  • 言葉が急に出てこない
  • 頭痛がある
  • 吐き気がする
能疲労の症状
  • 最近なんか疲れやすい
  • 仕事でのミスが増えた
  • 気分が落ち込む
  • 好きな事をやっていても楽しくない
  • 集中力が続かない
  • 物事の判断ができない

思い当たる節がある方もいると思います。

もやもや病と脳疲労では症状も治療法も全く違ってきます。身体に症状が出始めるのが「もやもや病」で、心に症状が出始めるのが「脳疲労」というイメージではないでしょうか。特に少しでも「もやもや病」の可能性があると思われましたら、すぐにでも病院で診察を受けて頂くことをおすすめします。

どんな病気でも、早期治療が一番大切になり、完治してすっきりとした元気な生活を送れるコツの一つになります。

 

頭がもやもやする場合の対策方法!頭をすっきりさせるためには?

まず「もやもや病の対策」に関しては、できることは少ないのですが、激しい運動、吹奏楽器などの演奏は控え、なるべく早期に病院で診察を受けて頂き、場合によっては早期手術の相談をすべきであると思われます。

しかしながら、現状この病気の原因がまだ解明されていない中で、血液の中の血小板という成分の機能を抑えて血液を固まりづらくする抗血小板薬が使用されることもあり、一定の効果があると考えられています。

一方、脳疲労の対策としましては、できることはたくさんあるため箇条書きにさせて頂きます。

能疲労の対策
  • パソコン業務は長時間集中し続けるのではなく
  • 1時間ごとに10分休憩をとる
  • デスクに座ったまま1人で食事をとるのは避けよう
  • 栄養ドリンクに頼らない
  • 疲れているときは鶏胸肉とクエン酸を摂取しよう
  • お酒の飲みすぎは禁物
  • 心身ともに健康的に暮らすために見直すこと

今の忙しい現代人の生活を送っていると、日々スマートフォンでメールやWebやSNSなど、膨大な量の情報を脳が処理していることになります。そういった脳の疲れも原因になっている可能性があり、たまにはのんびりと温泉でも使って、ゆっくり過ごすこともおすすめです。

能を休めることができないと、記憶が定借したり、脳の活性化が阻害されることがわかっています。また睡眠をとることで、脳を休めることができます。寝ているときに能は情報を整理していることもわかってきているため、いろいろと記憶しないといけない受験生などはしっかりと睡眠をとりましょう。

頭がもやもやするときは、ゆっくり休みを取ってすっきりさせよう。

全てのことに当てはまると思いますが、人間にとって一番の健康療法は質のいい睡眠をとることです。それは脳にとっても間違いなくいいというのは誰もが知っていると思います。

今回ご紹介しました「もやもや病」と「脳疲労」に共通することは、決して脳に過度な負担をかけてはいけないということなのです。そのためには、体調を整え、あなた自身のキャパシティを把握し、よりよい睡眠をとる努力をすることが、もっとも大切なのです。一人でも多くの方が健康的になりますようにという想いを込めて以上とさせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です