神社で写真を撮るのはOK?マナーや奉納方法を解説

この記事を書いた人

Azu
北海道の女子大生ライター。ライターになる夢があり、大学2年生でクラウドワークスでライターを開始。数々のライティングをこなす。

神社に行ったとき、記念に写真を撮りたいけれど撮影をしてもいいのかわからない…そんな悩みも、いくつかのマナーを知ることで解決すると思います。

写真撮影で神社や周りの人に迷惑をかけないためにも、ぜひここで撮影に関するマナーを確認してみてください!

神社での写真を撮影するときの基本マナー

写真撮影に関して、細かなルールが厳密に決められている場所は少ないです。

そのため、良識を持って撮影をすることが大切です。

以下のようなマナーに注意して撮影をするようにしてください。

最優先は参拝すること

神社に行く目的は参拝です。

撮影よりも、まずは神様へのあいさつを先にしましょう。

神社での撮影は、「神様の場所」でしているということを忘れずに、お詣りをしっかりしてください。

注意喚起がないか確認しよう

神社によっては撮影自体が禁止だったり、場所によって撮影禁止エリアが設けられている場合があります。

看板などに書かれていることがあるので、確認するようにしましょう。

特に、カメラマンがつくような大掛かりな撮影は事前許可が必要であったりするので、可能であれば神社へ直接連絡してみてください。

フラッシュ撮影はNG

フラッシュの光は神社のような歴史的建造物に対してダメージを与える可能性があるため、フラッシュ撮影は原則禁止です。

また、強い光は周囲の参拝客の迷惑になってしまいます。

個人名が映らないように注意

神社で撮った写真は、商業利用は基本できませんが、個人利用は自由となっています。

撮った写真をSNSなどにあげる方もいると思いますが、そんな時特に気を付けなければいけないのが個人情報の映り込みです。

神社内には、絵馬などの個人名が入った奉納物がたくさんあるので、撮影時やSNSへのアップ時に必ず確認するようにしてください。

周囲への迷惑行為になっていないか

神社の雰囲気を保つためにも、写真撮影をする際には周囲へ配慮する必要があります。

はしゃいで大きな声を出したり、騒ぎすぎないということは最低限守りましょう。

中には、神社内撮影時の「はい、チーズ」などの声かけが迷惑という方もいます。

また、人が多い場合や、狭い場所、薄暗い時間帯では、自撮り棒や三脚の使用もお勧めできません。

以上のような点を守ることで、神社での写真撮影をスムーズにすることができます。

最近では、神社での迷惑な撮影(無許可での大規模な撮影や、コスプレをしての撮影など)により周りの人が不快な思いをするといったこともあるようですので、お互いが気持ちよく参拝できる場を守るためにも必ずマナーの確認をしましょう!

神社で写真を撮れる「写真室」

一部の神社では、写真室という部屋が用意されています。

写真室は、神社での結婚式や七五三の際に、家族や個人での記念撮影ができる場所です。

カメラマンの方が、希望に応じてスタジオや神社内で記念撮影をしてくれるサービスを行っています。

神社にもよりますが、事前予約が必要であったり、撮影をしていない期間があったりするため、事前に神社に確認してください。

初宮詣でや成人式などは、その人にとって人生で一度きりしかありません。

そうした特別な日の思い出を写真として形にできます。

プロのカメラマンに撮ってもらえるので、自分で撮るよりも綺麗に撮ってもらえるのも大きなメリットです。

また、神社内での撮影ができる神社では、桜などの季節を感じられる美しい景観の中で写真を撮ることができます。

神社への写真奉納とは?

神社への奉納という言葉はよく聞きますが、実際にどういったものなのかご存知でしょうか?

奉納とはなにか?

「奉納」とは、神様にお供え物をささげる行為のことです。

古くから、奉納物は「人間にとって価値のあるものを捧げる」とされ、米や酒、塩、餅、魚などが納められてきました。

奉納物がお金の場合は、初穂料や串玉料などと呼ばれます。

現代では、お菓子や絵馬などが一般的で、アーティストが自分の歌を奉納物として納める例もあります。

写真奉納とは

奉納物の一つとして、「写真」を納めることができる神社があります。

例えば、絵馬などは、神社の指定場所にかける(奉納する)ことで書いた願い事をかなえてもらうことができるといわれています。

恋愛成就や受験合格の願いを込めて書いたことがある人もいるのではないでしょうか。

写真奉納も、神社に納めることで神様に願いを届けられるといわれています。

家族の写真なら家内安全、友達との写真なら友情が続くように、といったように、思いを込めた写真を奉納するのが「写真奉納」です。

写真奉納の仕方

奉納の方法は神社によって異なります。

直接神社に写真を持っていくことで奉納してもらえる場合もあれば、メールなどで写真を送るだけで奉納できる神社もあります。

最近では、指定のハッシュタグをつけてSNSに投稿すると、その写真を奉納してもらえるというようなサービスを行っている神社もあります。

神社で写真を撮るのはOK?まとめ

神社での写真撮影、そして写真奉納について、いかがだったでしょうか?

神社の厳かな雰囲気の中では、写真撮影をしてはいけないような気もしますが、マナーさえ守れば可能です。

神様に対してしっかりお詣りをすることを忘れず、周囲へ十分に配慮して撮影を行ってください!

また、特別な日の思い出を写真にして残せる写真室や、写真に願いを込める写真奉納も、興味がわいたらぜひ利用してみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です